【手だけがサソリ】

昭和58年発刊、竹内義和の『悪魔・オカルト大全科』に載っている妖怪。
名前の通り、手だけがサソリのおじさんで、このするどいハサミで大木を切り倒したり、通行人の首を刎ねたりしたという。著者によって創作された妖怪だろうと思われるが、名前のセンスがズバ抜けていて、相当なインパクトがある。